PPC初心者から月50万稼ぐまでの実体験記

PPCアフィリエイトで稼ぐ

PPCアフィリエイト キーワード

リスティングのキーワード選定の正しいやり方はコレだ!

投稿日:

リスティング広告やPPC広告を使って稼ごう、集客しよう!と思ったときに一番最初にぶち当たる悩みは
「キーワード」ではないでしょうか?

・なんてキーワードで集めたらいいんだろう?
・全然思いつかないんだけど。。。
・いくつか出してみたけどこれでいいのかな?

僕自身いろいろと最初は悩みました。
あなたもこういった悩みがあるのではないでしょうか?
しかし、キーワードの選び方は覚えてしまえば意外と単純です。
それをこの記事で紹介します。

 

リスティングではそもそもどういったキーワードで広告を出すべきなのか?


リスティング広告を始めるにあたって、キーワードは非常に大切な武器になります。
ユーザーが例えば、「腰痛 治し方」で調べた際に求めてるものは何でしょうか?
恐らく、「腰痛を抱えていて、それを治したい、楽にしたい。でも方法がわからない。方法を知りたい」と思っているでしょう。
ここまでは多くの方は理解できるのですが、それではユーザーは満足しないのです。

実際に、上記のことを求めているのですが、集客する上で非常に大切なのは
「ユーザーの1歩先、2歩先を与えること」です。

先程の例で言うと「腰痛を治す方法として、家で治す方法が◯◯と△△という2種類、病院などで治す方法が・・・、」のように
治し方の種類を知って、どれが実践できるか、行動に移しやすいかを吟味します。
あなたにとっては、これがおすすめの方法だと納得してもらうまでのイメージを持つことは非常に大切です。

リスティングでのキーワード選定はここが非常に大切です。
これからリスティング広告を使って集客、及び売上を上げたい稼ぎたいとお思いであれば
他のリスティング広告を既に出しているライバルを出し抜くためにはここは覚えておきましょう。

なのでここを踏まえた上でキーワードを出していくべきでしょう。


キーワードの種類は何があるの?


→実際にリスティングする際にキーワードを出していざ出稿するときには4つの種類があります。
「完全一致」「フレーズ一致」「部分一致」「絞り込み部分一致」の4つです。

それぞれ、キーワードの拾う広さを意味しています。
例えば先程の「腰痛 治し方」を例として考えてみましょう。

 

「完全一致」の場合は、

完全に一致した検索キーワードに対して広告を出していく設定なので
「腰痛 治し方」と調べた人だけに対して自分の広告が表示されるような設定です。

 

「フレーズ一致」の場合は、

「腰痛 治し方」を1つのフレーズとして考えます。なので前後になにか違うキーワードがセットになっても表示される設定です。
「60代 腰痛 治し方」や「腰痛 治し方 自宅」や「手軽 腰痛 治し方 道具」というふうに、「腰痛 治し方」がこの順番であれば前後になにか他のキーワードが入ったものに対して自分の広告が出る形です。

 

「部分一致」の場合は、

「腰痛」もしくは「治し方」のどちらか1つでも検索キーワードに入っていれば表示される設定です。
「腰痛」「ぎっくり腰 治し方」「腰痛とは」のようなキーワードで検索されても自分の広告が出るようになります。

 

「絞り込み部分一致」の場合は

「腰痛」と「治し方」の両方が入っていればどの順番でも自分の広告が表示される設定です。
「腰痛 自宅 治し方」や「治し方 腰痛」や「手軽 治し方 家で 腰痛」のように調べた人にも広告が表示されるような設定です。

 

のように、様々なキーワードの出稿方法があります。
では、どの出稿設定が良いのか?
気になると思います。
これに関しては広告費の予算なども関係してくるのでどれくらいの予算をかけられるのかなども考慮して考えたらいいでしょう。
完全一致で出してる人もいれば、部分一致で出してる人もいます。
どれが正解、不正解などはありませんので興味があれば全ての設定で試してみるのもいいでしょう。

 

 

リスティングキーワードの選定方法

さて、では設定がある程度わかってきたと思いますがその上で効果的な広告を出していくための
キーワードの選定方法についての話を進めていきましょう。

キーワードの選定方法にはいくつかの方法があります。

・自分で考える
・商品に興味ある人に実際に聞いてみる
・ツールを使う

それでは1つ1つ説明していきますね。

 

自分で考える

 

これは詠んで時のごとくですが、
あなたの売っていこうとしている商品、サービスに対して
関連するキーワードをひたすらリストアップしていく作業です。
例えば、シャンプーを販売、紹介するとします。

そうしたら
・商品の名前
・商品の名前 + 購入方法
・商品の名前 + ◯◯・・・
・シャンプー おすすめ
・シャンプー 男性向け
・シャンプー
・2018年 シャンプー
・成分 安心 シャンプー
・妊婦 シャンプー

などリストアップしていけるでしょう。
ただ、自分で考えるとなると限界がありますし、
自分が使うような商品じゃない場合はなかなかリストアップするのにも苦労するかもしれませんね。

 

商品に興味ある人に実際に聞いてみる

 

自分が使わないような商品の場合は、
使うような人、既にそういった商品に興味がある人に対して聞いてみるのが早いです。

・今使ってるシャンプーはなにか?
・どういったシャンプーがあったら嬉しいか?
・今使ってるシャンプーで悩みはあるか?
・髪の毛のケアで気にしてる、気を使ってることはあるか?
などなど聞いてみると思ったよりも多くの話をしてくれる方が多いです。
特に女性であれば美容のことを暇なときに調べたり、ネットショップをネットサーフィンする時間がものすごく膨大な時間を占めています。
なので自分でキーワードを考えるよりも短時間で多くのキーワードが見つかることでしょう。

もし身近にそういった友人、知人がいない場合は例えばヤフー知恵袋や教えてGooなどのサービスを使って
インターネット上で質問して回答をもらうのも1つの方法です。

 

ツールを使う

 

さて、ここまでの方法でも多くのキーワードが見つかると思いますが、
リスティングキーワードを選定する際に、ツールを使った方法もあります。

ここではいくつかのツールを紹介します。

・Yahoo!プロモーション広告のキーワードアドバイスツール
・Google広告(グーグルアドワーズ)のキーワードプランナー
・Aramakijake
・グッドキーワード
・関連キーワード取得ツール

 

Yahoo!プロモーション広告のキーワードアドバイスツール

 

リスティング広告をやる際は、Yahoo!プロモーション広告もしくはGoogle広告(グーグルアドワーズ)のどちらかで始めると思います。
キーワードアドバイスツールはYahoo!プロモーション広告でアカウントを作成した後に使えるツールです。

このツールのすごいところは、一瞬にして膨大なキーワードが見つかること、そして実際にそのキーワードで広告を出したらどれくらいの効果が得られるのかのデータが全部見えるところです。
キーワードを自分で考えてすぐに広告を出すのに比べて圧倒的に、稼ぐための広告が作れます。
例えば、どれくらい広告が表示されるのか、クリックされるのか、掲載順位は何位になるのか、広告費の目安などなど
知りたい情報がいち早く知ることが出来ます。

 

Google広告(グーグルアドワーズ)のキーワードプランナー

 

これは、Google広告版のキーワードアドバイスツールに近いですが、
キーワードアドバイスツールと違う点としては「未来の予測データ」が閲覧できるところです。
例えば今新着で発売されたばかりの商品であれば、それがどれくらい調べられてるか分かりませんし、もしかしたら0かもしれません。
これから広告を出していくのでこれからその商品がどれくらい認知されていくのかがわかれば広告を出していく際に非常に助かりますよね?

キーワードプランナーではその、「未来予測」をしてくれるツールですので
来月、再来月、1年後どれくらいのデータが得られるのかが一瞬にして把握することが可能です。
つまり、他のライバルが出してないキーワードで一人勝ちすることも可能になる、ということです。
ビジネスではブルーオーシャン市場を開拓することは非常に大切ですのでキーワードプランナーを活用することは非常に大事だと言うことが分かりますよね。

 

 

Aramakijake

 

このツールはそのキーワードが月間どれくらい検索されているのか、その検索数と検索後にどのページにアクセスしてるのかが分かるツールです。
検索数は先程のキーワードアドバイスツールやキーワードプランナーでも把握することが出来ますが、それがさらに具体的に把握することが可能です。
また、Aramakijakeがすごいところは、検索後にどのページにアクセスしているかが分かる点です。
何がすごいかと言うと、どのページにアクセスしているか分かるので、「そのキーワードで検索したユーザーがどういったサイトに興味を持っているのか」が分かります。

例えば先程の、「腰痛 治し方」で調べてるユーザーが
・腰痛を家で治したい
・腰痛を早く治したい
・腰痛を誰にもバレずに治したい
・腰痛を安く治したい

とどのように具体的に思っているかが手に取るように分かるわけです。
これが分かることでそこからの商品の紹介方法、訴求方法が分かるので助かりますよね。

 

 

グッドキーワード、関連キーワード取得ツール

 

これら2つのツールは似ているのでセットで紹介しますが
どちらも関連しているキーワードを拾っていくツールです。

例えば、「腰痛」と打ち込んで検索すると腰痛にまつわるキーワードが膨大にヒットします。
・腰痛
・腰痛ストレッチ
・腰痛 原因
・腰痛い
・腰痛 病院
・腰痛 ベルト
・腰痛 改善
・腰痛 薬

・・・

といった具合に多くて1000個以上も一瞬でリストアップされるので
自分で考えていた時間が無駄だったと思うほどです。笑

2つのツールで違ったキーワードが出てくることも多々あるので
同じキーワードで検索してみてキーワードを広げてみるといいでしょう。

 

 

リスティング広告では実践すればするほど◯◯になる

 

ここまでやるとキーワード1000個、2000個と拾っていけると思います。

僕のおすすめのやり方は、
グッドキーワードと関連キーワード取得ツールでまずは多くのキーワードを拾って
その拾ったキーワードをAramakijakeで精査して検索数が少ないものは除外して
サイドにキーワードアドバイスツールとキーワードプランナーでデータを調べて
効果の高い順に、さらに紹介していく商品が購入されやすいキーワードから順に実際に広告を出していきます。

基本的にはこの流れでキーワード選定を行っていくことで効果的にリスティング広告を活用していけます。
ただし、これだけやれば最強というわけではなく、あくまでもリスティングは広告を出してからがスタートですので
実際に出してみてからの数字が一番正しい数字です。現在進行系でリアルタイムで抽出されたデータなので
その数字を見てさらにキーワードを選定していく感じですね。

まだやるのか?!と思うかもしれませんが
慣れてくればなんてことないです。
むしろ、もっと稼げるようになるので楽しい作業になりますよ。

 

 

さいごに

 

さて、ここまでキーワードの選定方法をお話してきましたが、
リスティングの楽しいところは稼げることです。

一般的な検索結果と比べて結果が出るのが早いので
そのスピードの速さに僕もびっくりしたのを今でも覚えています。
そのスピードの速さもキーワードの選定が間違ってしまうと逆に赤字なってしまいます。

何も考えてない人ほど赤字がどんどん膨らみますので
時間をかけて自分でキーワードを考えたのに赤字が膨らむって嫌ですよね?

なので正しいやり方できちんと稼いでいきましょう!

-PPCアフィリエイト, キーワード

Copyright© PPCアフィリエイトで稼ぐ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.